倉庫を購入した方が良いパターンと借りた方が良いパターンを理解しよう


長く使用したいなら購入するのがお得

倉庫が1つあるだけで収納スペースが増えるため、整理をしやすくなったり、すぐに使用しない物を保管したりなど便利です。ただ、購入した方が良いパターンと借りた方が良いパターンがあるので理解しておきましょう。購入した方が良いパターンは長く使用する予定がある時です。10年や20年など長期的に使用したいと考えているのであれば、購入する方が割安になります。

一方で短期間しか使用しない予定の場合は購入するよりも借りるのがお得です。支払う料金は基本的に1か月ごとなので、契約を解除すればそれ以上の支払いは発生しなくなります。しかし、近くになければ遠い場所の倉庫を借りるしかない場合があります。すると、出し入れの際に移動する距離が長くなるので不便に感じるでしょう。

お金に余裕がないなら無理をせずに借りましょう

倉庫を購入せずに借りた方が良いパターンは、お金に余裕がない時です。購入すれば満足するまで使用可能な点はメリットですが、お金に余裕がない状況で無理をしてまで購入すべき物ではないでしょう。どうしても倉庫が必要な場合は借りることをおすすめします。毎月の賃料を支払うだけなので、購入する場合に比べて出費は少なくなります。また、できるだけお金をかけたくないなら更新手数料なしだったり、盗難保険付きだったりといった倉庫が狙い目です。ただ、サイズや場所、賃料など借りている倉庫に不満がある時は無理に契約を続ける必要はないです。他に魅力的な倉庫が見つかった段階で契約を解除すれば無駄なお金を支払わずに済みますし、不満を解消できます。

3PLは企業戦略として物流を外部に委託する方法で、本業や強みのある部門に注力して利益の最大化が図れます。外部委託なので物流関連経費を固定費から変動費に変えることができ、必要に応じて利用できるのも利点です。

Back To Top