営業にもタイプがある!?営業のタイプを知って最適な営業を


営業のタイプはひとつではない

営業というと、多くの人々は営業先に直接足を運んで商談するようなイメージを持っている人が多いです。また、営業職に就いている人でも、どのような営業マンになりたいかというと、あこがれの営業マンをあげる人はいても、具体的な営業方針などをあげる人はあまりいません。営業マンとして優れた能力を発揮するには、漠然としたイメージではなく、自分に適した営業方法を知ることが重要です。営業の方法は一通りではなく、様々な方法があります。

親密化型の営業の方法

営業マンの中でも多くの人々がイメージするものが、親密化型の営業方法です。親密化型とは、営業相手に配慮や気遣いを示し、親し気な態度でもって接することによって親密な関係を築き、その親しさから顧客の必要としている商品を見つけて、最適な商品提案をしていく営業方法のことを言います。対人感受性が強く、話し上手よりも聞き上手、相手との親密な関係を苦にしない人に向いている営業方法です。

行動量型の営業の方法

ひとりでも多くの顧客を獲得するために、数多くの営業をこなすことを方針としている営業方法のことです。行動量や行動時間が多いことが特徴であり、多くの人々が想像する営業のつらい点のひとつといえます。朝早くから出社して行動時間を増やして活動しますが、やみくもに行動しているわけではなく、効率的に営業活動をしています。てきぱきと無駄なく行動する人が行う営業法です。

商談型による営業の方法

商談でもって顧客の興味を引き付けて、営業を成功させる方法のことです。即興の提案であることも多いですが、事前に情報を集め、対人センスやコミュニケーション力で対応していきます。

新規参入企業などが既存の企業と戦う為の強い味方が営業代行です。営業部隊の人員不足を専門業者を使う事でカバーする事が出来ます。

Back To Top